インポが原因で離婚にまで至った男が薬に頼らずEDを完全克服した秘密とは・・・

インポ治療方法〜まずは問診と検査が第一歩〜


ここからはEDの治療方法に関して解説していきます。
バイアグラやレビトラなどのよく耳にするED治療薬に
興味がある方はじっくり読んで下さい。

最近は日本でも一昔前に比べて性の問題はかなりオープ
ンに話せるようになってきました。いい意味で恥の文化、
内向的な文化が改善されてきたのかもしれません。

とはいってもやはり性の悩みはできれば人に知られたく
ないもので自分がインポであると自覚してから実際に医師
のもとに訪れるまでにかなりの勇気が必要なのも現実です。

しかしやはりどんな病気であれ気がかりなことがあれば
問診に行くのが問題解決のファーストステップであり、
EDの悩みでもそれは例外ではありません。

最近ではよりインポの患者さんが通院しやすくなるように
一般の外来とは分けてインポ専門外来を設けている医療機関
も増えています。一般外来と完全にわけてはいないまでも
診療時間を一般外来と分けたり、予約制の診察にしたりなど
EDに悩む患者からすると通院の障壁が下がるという点
で非常にうれしいことです。

いざ問診に行ったらEDと言っても具体的にどういう症状
なのか、思い当たる原因はあるのか、また悩みはいつごろ
から始まったのか、など詳しい状況をお医者さんに伝えましょう。

問診では色々な項目が決まっています。主訴といって一番
お医者さんに伝えたい悩み、現病歴といっていつから今回の
症状がでるようになったのか、既往歴といって以前に交通事故
などの重大な事故に会ったのかことがあるかなど、いくつ
かの項目に分かれています。ここで自分の悩みを正確に、
そして詳しすぎるくらい伝えます。

個人的な経験で言うと、お医者さんだからといいて無条件
に信用するのは危険な気がします。私は最初に病院に行った
時に「ED=バイアグラ」と思い込んでいたため、バイアグラ
を処方してほしい旨を伝えたところ検査らしい検査はなく
バイアグラを処方したお医者さんがいらっしゃいました。

今思うと正しい問診の手順に従って本当にバイアグラによる
対応が正しいのかをもっと精緻に判断してもらうべきであった
ようにも思います。

お医者さんも十人十色です。自分を悩みを真正面から受け止めて
親身に接してくれるいいお医者さんを探しましょう。

<<インポに悩む男達の実話>>

★ 初体験のトラウマ
★ 偏ったフェチズム
★ 借金と離婚の果てに
★ アダルトビデオ依存症


Copyright (C) 2007 インポ克服なび All Rights Reserved.